ワイヤレス

Line6 Relay G10Sと旧製品G10の違いは?【ワイヤレス新旧比較】

NAMM2019でLine6から新しいワイヤレス「Relay G10S」が発表されました。

発売日は2019年2月下旬。

 

G10Sのスペックをみたところ、僕はいまいちピンときませんでした。

なので今回は、新と旧でどこが変わったのか比べてみます。

 

 

スタジオ・ライブで使うならG10Sがおすすめ

新しいG10Sは、旧G10に比べてレシーバーの性能が格段に上がりました。

トランスミッター側は新旧に違いはありません。

レシーバーの性能が上がったことにより、伝送範囲の距離アップ、ケーブルトーンなどのコントロール追加等使いやすくなりました。

値段は1万円ほどアップ。

スタジオやライブでの使用を想定するなら、新たしい「G10S」がおすすめ。

家でしか使わないというのであれば、旧の「G10」が使いやすいと思います。

 

G10とG10Sの大きな違い

大きく違う部分を表にまとめてみます。

 

Relay G10S(新) RelayG10(旧)
値段 税込約30,000円 税込約20,000円
最大到達距離 見通し40m 見通し15m
チャンネル切替 ×
コントロール類 ケーブルトーン等 ×
電源 DC5V(MicroUSB)、DC9V(コネクタ) DC5V(MicroUSB)

 

ほかにも違う部分は多少ありますので、詳細はLine6のサイトを参考にしてください。

https://line6.jp/products/relay-wireless/g10-g10s.html

 

G10Sを選ぶメリット

エフェクターボードに入りやすい

G10Sはトランスミッターを取り付けた状態でも、旧G10のように頭が飛び出ることがありません。

そしてDC9Vの電源供給で動作します。

 

旧G10は形状の問題と、電源供給の点から、エフェクターボードでは使用しづらい仕様でした。

それらが全て改善されています。

 

電波強度・電池残量が一目で分かる

G10Sはレシーバー側に、電波強度と電池残量のメーターがつきました。

これはとても良いですね。

 

伝送範囲の性能アップ

レシーバー側の性能がかなり上がっていて、伝送範囲が旧G10から倍以上の性能となっています。

これぐらいの性能があれば、ライブハウスぐらいの規模は問題なさそうです。

 

コントロール類の追加

G10SはG10にはない以下のコントロールが追加されました。

追加されたコントロール

  • チャンネル選択
  • オートでチャンネルスキャン・選択
  • ケーブルトーン

 

チャンネルがマニュアルでは11CH、オートでは14CHあり、任意でも選べるみたいです。

ケーブルトーンは、シールドの長さによる音質変化をシミュレートしたもので、「OFF」「10m」「30m」と3段階から選べます。Line6おなじみのコントロールですね。

 

トランスミッターは新旧で共通

トランスミッターはG10Tという名前で、新旧どちらも同じものみたいです。

このトランスミッターの形状は、ジャックの構造上使えないギターもあります。

特殊な形状のギターをお持ちであれば、一度楽器屋で使えるかどうか相談してみることをおすすめします。

 

http://yamaha.custhelp.com/app/answers/detail/a_id/7952/kw/

 

さいごに

最初はピンと来なかったG10Sですが、中身をよくみてみると価格差の違いはあるなと。

新規で買うのであれば、新しいG10Sを選ぶのをおすすめしたいですね。

 

 

おすすめ

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-ワイヤレス
-

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.