お役立ち情報

おすすめIRの紹介ーF884IRが素晴らしい

最近主流になりつつあるIR、

IRを自分なりの解釈で説明しますと、ギターアンプのキャビネットがどのように反響しているか、音がどのように変化したかなどの情報をデータ化したものです。

Helixにもキャビネットシミュレータは入っています。しかし、キャビネットシミュレータの代わりにIRを使うことで、よりリアルに音を出せるということです。

ちなみにIRとはインパルスレスポンスの略称です。

今回は私が実際に購入し、使用しているIRを紹介したいと思います。

 

F884 SOUND LABさんのF884IR

F884 SOUND LABと呼ばれるHPがあり、そちらが制作したIR(F884IR)を購入しました。

とにかくデモをご覧ください。

 

https://www.884sl.com/

ギター特有の生々しい音がしてて、とてもかっこいいです。

この感じはHelix内蔵のキャビネットではなかなか出せません。

私が購入したIRは、スピーカー4発、2発、1発のセット。それぞれのキャビネットを色々なマイクを使用し、マイクとキャビネットの距離、向きを変えたデータが無数に入っています。

 

取り扱っているIRの種類は?

F884 SOUND LABさんでは様々なキャビネットをIRを取り扱いしています。

キャビネットの名称を公表するのは恐らく問題があるようなのか、表記はすべて略称で記載されています。

ただ、キャビネットについて少し勉強すれば、どのキャビネットのどのスピーカーが使用されているかぐらいは分かりますのでご安心ください。

 

F884IRが対応しているエフェクターはどれ?

現在、動作確認できているエフェクターは以下のようです。

Fractal Audio Systems AxeFx2

Fractal Audio Systems AxeFx Standard & Ultra

Kemper Profiling Amplifier

Atomic Amps AMPLIFIRE PEDAL

Line6 Helix

私はLine6 Helix LT、Mooer GE200で使用していますが、問題なく動作しています。

 

無料版もあり!

デモをみて気になった方は、値段もお手頃ですので購入してみてはいかがでしょうか。

私は買ってとても満足しています。

ただ、IRってどうなの?どれを買ったらいいの?と思っている方、結構いらっしゃると思います。そんな方のために無料版もございますので、是非ダウンロードして、導入してみてください。

それを参考に製品版のご購入も検討頂けたら良いかと思います。

https://www.884sl.com/cr212-custom

 

関連する記事

-お役立ち情報

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.