DTM・DAW

BIAS AMP 2「LE」のダウンロード方法は?「デモ版」との違いを解説

更新日:

POSITIVE GRIDの広告メールに食いついてしまいました。

「BIAS AMP 2 LE」無料!!

 

LEって何なの?と思いつつ気になったのでダウンロードして使ってみました。

「LE」は12/26まで下記からダウンロードできます。

キャンペーン終了しました。

またいずれ何かのキャンペーンで復活すると思うので、欲しい方はそれを待つしかありません。

http://enews.positivegrid.com/q/lO5Dr4ROy9d0XOZWiHQTKe_C64lM9oxOtOTZcOJci50YW5lZXRAZ21haWwuY29tw4gHDsmywqxfrFLTl77EOMPgthQ8Jwenews.positivegrid.com

 

この「LE」は一体何ができて、何ができないのか。

「デモ」との違いは何なのか調べてみました。

 

「LE」と「デモ」の大きな違い

「LE」は公式サイトのどこにも存在していません。

▽公式サイトはこちら

BIAS AMP 2

「デモ」は一定間隔でノイズが入る

一番大きな違いは「デモ」では一定間隔でノイズが入るようになっています。

デモは言葉のごとく試用が目的。そのためこのような措置がされているわけです。

 

「LE」ではこのノイズは入りません。

機能制限が違う

「デモ」はキャビネットの選択、マイク位置、EQなど、ほとんどの操作が可能となっています。

 

「LE」は下の画像赤枠部分しか触ることができません。

具体的に言うと「プリアンプ」「インプットゲイン」「アウトプットゲイン」「ノイズゲート」「リバーブ」くらいしか操作することができませんでした。

 

「LE」は使えるアンプタイプが少ない

選べるアンプはこんな感じ。スクリーンショット連発すいません。

デモ版と比べて「LE」は使えるアンプが圧倒的に少ないです。

 

「LE」はレア感あるけど実は全然使えない

「LE」の結論は全然使えません・・・

ダウンロード期間が短いから特別なものなのかなと思ったのが大間違い。

制限は多いし使えるアンプは少ない。

これならデモ版で全ての機能を試してみる方が100倍良いですよ。

 

さいごに

「LE」は使えないと散々言いましたが、一点これだけは言っておかなければいけません。

サウンドはめちゃめちゃ良いです。

 

アンプタイプを選んですぐの音がもうすでに最高でした。

やはり「LE」で制限が多いからといって、良い音が出ないとBIAS AMP買おうとはなりませんから、そりゃそうですよね。

レイテンシもほぼ感じないし、ボリュームの追従とかピッキングの強弱にもしっかり反応します。

 

BIAS AMP2は今、年末セールで安くなっています。

気になっている人はチェックしてみましょう。

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-DTM・DAW
-

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.