MOOER エフェクター

IRの導入方法を解説! GE200にIRは実用的なのか?【MOOER GE200】

投稿日:2018年8月18日 更新日:

MOOER GE200では、IRが導入できます。

今回はIRの導入方法と、実際にGE200でIRがどの程度使えるものなのかを解説したいと思います。

 

ちなみに「IR」って何? という方に簡単に説明。

IRとは「インパルスレスポンス」の略称で、ギターアンプのキャビネットがどのように反響しているか、音がどのように変化したかなどの情報をデータ化したものです。

詳しくは下の記事をご覧ください。

 

IR導入にはGE200専用エディッタソフトが必要

MOOER GE200にIRを導入するには、GE200専用エディッタソフトが必要になります。

まずはエディッタソフトのインストールを行なってください。

公式サイトからエディッタソフトをダウンロード

以下のリンクから「GE200 Studio」をダウンロードして、ファイルを解凍後、インストールを行います。

バージョンはGE200本体と同じバージョンのものを選びます。

http://www.mooeraudio.com/?FirmwareUpdate-1.html

 

ファームウェアの確認方法

GE200本体からSYTEM→RESETで、ファームウェアのバージョンを確認できます。

 

エディッタソフトからIRを取り込む

パソコンとGE200をUSBケーブルで接続してから「GE200 Studio」を立ち上げてください。

編集画面からキャビネットタイプを開くと「EMPTY」と書かれているところがありますが、ここにIRを追加していきます。

IRの追加は、WindowsとMacで少し操作が違いますので注意。

Windows編

キャビネットタイプ選択画面内、EMPTYの右側にある「+」をクリック。取り込みたいIRデータを選択すると、IRが取り込まれる。

Mac編

キャビネットタイプ選択画面から、アンプを登録したい位置の「EMPTY」を選択。「+」が表示されますので、そこから、取り込みたいIRデータを選択すると、IRが取り込まれる。

 

GE200でIRは実用的なのか?

僕はIRを二つ同時に使いたい贅沢派。GE200はIRを同時に使うことはできませんので、個人的には、ムリにIRを導入する必要はないと思っています。

そもそも僕はGE200をアンプに繋ぐので、キャビネットシミュレータは常にオフです。

IRでも真空管タイプが選べるナゾ仕様

キャビネットシミュレータの中に、TUBEという項目があります。
これはおそらくパワー・アンプ部のチューブをシミュレートしているのかなと。

これがIRを使うときにも使えてしまいます。まあ良い音が出ればOKだと思いますが…

付属のキャビネットシミュレータは優秀

ムリにIRを導入しなくても、付属のキャビネットで十分良い音が出せます。

以前、GE200をライン撮りした動画があります。セッティングも動画の中で見れますので、参考にしてみてください。

 

さいごに

僕の中では、GE200にIRは必要ないという結論でした。

家ではLine6 HelixLT。スタジオではMOOER GE200という使い方をしています。

アンプシミュレータとしてもGE200は優秀ですが、やはりHelixには敵いません。

 

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。

-MOOER, エフェクター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.