マルチエフェクター

ファームウェアV1.2.3リリース!主なアップデートはバグ修正【MOOER GE200】

この記事は旧FWについての記事です。

最新FW2.0.0についての記事はこちら▽

Mooer GE200の最新FW「V2.0.0」リリース!ディレイ・リバーブ音質向上など

GE200のファームウェア「V2.0.0」がリリースされた。 とうとう「V1.○.○」から「V2.○.○」の大きな変化だから期待は大きい。   今回はどのような点が変更になったのか、アップデ ...

続きを見る

 

 

2018年9月にしれっと新しいファームウェアがリリースされていました。

全然気づかなかった。。。

 

そもそも「MOOER GE200」と検索しても、公式サイトが上位に表示されないんですよね!

どうりでMOOERの最新情報が欲しくても入ってこないわけだ。

ここはグーグルに広告費払ってでも、上位表示してもらってほしい!(笑)

 

▽ちなみに公式サイトはこちら

http://www.mooeraudio.com/

 

ということで今回は、新しいファームウェアV1.2.3の内容を紹介します。

 

アップデートの内容

更新内容は全て英語なので、日本語に直訳してみました。

▽公式サイトのV1.2.3リリース情報

http://www.mooeraudio.com/news/274.html

1.V1.2.2アップデートで凍結されたマシンのリカバリ修正

2.予期せずMODE 2に切り替わる固定FOOT SWITCHモード

3.断続的に断続的に出力を断つ。

4.長時間使用するとクラッシュする問題を修正しました。

5.プリセットを切り替える際の遅延を軽減しました。

6.検出感度と精度を向上させるためにチューナーアルゴリズムを更新しました。

7.プリセットを切り替えたり、Ctrlをオン/オフしたりするときのオーディオギャップを小さくしました。

8.CABモジュールのレイテンシの短縮。

9.ドラムマシンの音量の問題を修正しました。

10.ドラムマシンのパラメータは、電源を切った後に自動的に保存されます。

 

よくわからない項目もありますが、確実にブラッシュアップされています。

アップデートしておいた方が良いでしょう。

 

V1.2.3最大の利点はパッチ切替速度アップ

V1.2.0から比較すると、切替速度が確実に上がっています!

まあ途切れはするんですけどね。
切替速度が上がれば演奏面もかなり有利になります。

他はバグの修正がほとんど。

 

アップデート方法は?

過去にアップデート方法を書いた記事があります。

下の参考にしてアップデートしてください。

注意点ですが「アップデートすることでパッチは削除されます」と公式サイトに記載があります。

大事なパッチのバックアップはお忘れなく!!

MOOER GE200のアップデートの方法を解説

MOOER GE200のファームウェアをアップデートしてみましたが、英語でしか解説がなく、少し分かりにくかったです。 なので今回はアップデートの方法を解説したいと思います。     ...

続きを見る

さいごに

MOOERは宣伝をもっとがんばれ!

ずっと言ってることだけど、大事だから何度でも言いますよ!(笑)

小型で安いマルチは、やはりMOOER GE200が一歩リード。

GE300の噂もありますし、これからのMOOERに期待しています。

 

 

 

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-マルチエフェクター
-

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.