マルチエフェクター

HEADRUSH新製品「GIGBOARD」ってどんなの?

soundmake

HEADRUSHから新製品が出るみたい。

名前は「GIGBOARD」

公式サイトhttps://www.headrushfx.com/products/gigboard

発売日は2018年10月22日予定。

 

ちなみにレビュー動画がもう出ているんですよ!

 

さすがオーラさん!!わかりやすいレビューだし、音はめちゃくちゃイイ!

この方のレビュー動画は面白いので、よかったらチェックしてほしいです。

 

 

HEADRUSH PEDALBOARDのペダルなしバージョン

これは完全に「Line6 HX Effexcts」を意識して作っていますね。

 

ヘッドラッシュ独自のタッチパネルも健在

PEDALBOARDのタッチパネルがとても使いやすく、感覚的に操作ができてとても良い印象。

これがそのまま引き継がれているのはGOOD!

 

入出力が豊富

入出力はすごく豊富。というか「Line6 HX Effexcts」とほぼ同じ(笑)

 

PEDALBOARDと違うところを挙げてみると

  • SEND/RETURNがモノラル( PEDALBOARDはステレオ)
  • アンプコントロール端子あり( PEDALBOARDにはない)
  • エクスプレッションペダルが無い(EXP端子・TOE端子あり)

 

センドリターン・アンプコントロールでアンプとの相性抜群

MesaなどのMIDIに対応していないアンプでも、これ1台でアンプのチャンネル切替ができるし、4ケーブルメソッドも可能。

MIDI端子もあるから、最強の小型マルチ誕生ですね。

 

EXP端子・TOE端子って?

ペダルを使いたいときは、手持ちのエクスプレッションペダルを「EXP端子」につなげて使用します。

 

マルチエフェクターのペダルはトースイッチというものが備えられていて、ボリュームからワウなどのコントロールの切替ができます。外部のエクスプレッションペダルでは、このトースイッチが使用できません。

これを可能にするのが「TOE端子」。どんなスイッチを繋げば良いのかはまだわからないけど、おそらくラッチタイプのスイッチを繋げれば使えるんじゃないでしょうか。

 

値段はUSD649ドル

日本円では税込69800円でした。

性能をみればこの値段は安いよ!

そしてドルと日本円のギャップの少なさにかなり驚きです。Axe-Fx III は2499.99ドル、日本円だと40万円超えますからね・・・

 

さいごに

アンプモデルもしっかり搭載されているようです。アンプモデル非搭載の「Line6 HX Effexcts」より優れていると言えますね。

音質の面は、PEDALBOARDと同等と思って良いのかな。

 

アンプとの相性良し!ラインで音出しも可能! コンパクトマルチではダントツの性能になるんじゃないでしょうか。

「GIGBOARD」めちゃめちゃ楽しみです!

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-マルチエフェクター
-

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.