HEADRUSH Line6 エフェクター

「Line6-HX Stomp」「HeadRush-Gigboard」そっくりな2機種を比較してみた

投稿日:2018年10月6日 更新日:

2018年10月、ほぼ同時期に「Line6」と「HeadRush」から新しいマルチエフェクターが発表されました。

これが両者めちゃくちゃそっくり!(笑)

 

どちらを選べばいいか迷いますよね。

両者にはそれぞれ大きな特徴があります。仕様も若干違うので、そのあたりまとめてみました。

Line6-HX Stompの特徴

  • 小さい!軽い!
  • Line6 Helixと同じエフェクト類が使える
  • スナップショットが使える
  • エフェクター同時使用は6個まで

 

エフェクター同時使用6個というのがなかなか厳しいかもしれません。

【Line6 HX Stomp徹底レビュー】「小型Helix」として十分すぎる性能でオススメ!

続きを見る

 

 

HeadRush-Gigboardの特徴

  • タッチパネル式(エフェクターではHeadRushにしかない機能)
  • HeadRush PedalBoardと同じエフェクト類が使える
  • 実アンプのチャンネル切替機能あり

HeadRushの特徴は何と言っても、タッチパネル式を業界で初めて採用したことでしょう。

タッチパネルになったことで、感覚的に使えるのがとても便利。

no image
HEADRUSH新製品「GIGBOARD」ってどんなの?

続きを見る

2機種大きな違い

両者の違いをみていきます。

Line6-HX Stomp HeadRush-Gigboard
サイズ 64(H) × 122(D) × 170(W)mm 67.2(H)×225.6(D)×329.2(W)mm
重量 820g 3.24kg
値段 約80,000円 約70,000円

サイズ重量はHX Stompの圧勝。

HX Stompめちゃくちゃ小さいですね。スマホ3台分くらいの大きさです。

 

値段は1万円ほどHX Stompが高い。Line6強気だぜ!

 

共通点

両者には共通点が多いのがおもしろい。最近の需要に合わせたらこうなったのでしょう。

 

センドリターンあり

センドリターンがあることで、いわゆる4ケーブルメソッドが実現可能。

Gigboardにはアンプのチャンネル機能切替あり、アンプとの相性を考えるとGigboardが良い。

 

エクスプレッションペダル対応

両者ともペダルを踏み込んで切り替えるトースイッチにも対応。

トースイッチ対応のエクスプレッションペダルを使えば、踏み込んでボリュームからワウに切り替えなんかができるようになる。

 

HX-Stompでは、エクスプレッションペダル2台使えます。
ペダル2台使うときは、トースイッチは使えなくなるので注意。

 

IRに対応

両者とも他社のIRが使用可能です。

IRに対応することは、今や必須の機能ですね。

KemperやAXEに負けない!Line6 Helixでの音作り必勝法【F884SLのIR紹介】

続きを見る

 

結局どっちがいいの?

機能面はほぼ互角。
選ぶ決め手は「サイズ感」「音質」「形の好み」の3点で選ぶと良いです。

 

スタジオ練習は荷物を減らしたい!でも音質面で妥協したくない!
そんなときにこの2機種はかなり有力なエフェクターとなること間違いなし。

 

唯一の悪い点は、どっちを選んでもペダルがないこと、フットスイッチの少なさには必ず不満が出るはず。

MIDIフットスイッチを導入すれば解決することだけど、せっかくの利点である「小型」が台無しになってしまう。
その点は先に理解しておいた方が良いです。

 

さいごに

ヘッドラッシュの発表後、後を追うようにstompの発表…ライバル意識バチバチなんだろうなと思った(笑)

両者ともかなり思い切ったものを出してきているし、どっち買うかめちゃくちゃ迷うなあ…

みなさんはどっちを選びますか?

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-HEADRUSH, Line6, エフェクター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.