マルチエフェクター

G3Xnを使ってみたらZoomの進化をめちゃくちゃ感じた【機材レビュー】

投稿日:2018年8月8日 更新日:

Zoomのマルチエフェクター「G3Xn」を使う機会があったのですが、音の進化にかなり驚きました。

G3Xnは発売して数年経ちましたが、見た目が悪いという第一印象だけで、ずっと敬遠していたんです。それが良い意味で裏切られましたね。

今回、G3Xnをじっくり使ってみたので、BOSS GT-1、mooer GE200と比べて、どの点が良いか、または悪いかを書いていきたいと思います。

 

Zoom G3Xn公式ページはこちら

https://www.zoom.co.jp/ja/products/guitar-bass-effects/guitar/g3xn-multi-effects-processor

 

良かった点

ギターらしい元気なサウンド!

G3Xnのサウンドを一言でいうと、とにかく元気なサウンド!

歪みでもクリーンでも音がどんどん前に出てくる感じ。個人的にはGT-1よりも、よりアンプに近いリアルな音だと思いました。

JC-120に繋いで音出ししましたが、ジャズコーラス特有の音の変化も少なく、相性は良かったです。

 

アンプモデリングの中で特に気に入ったのが「Marshall JCM800モデル」「Boger Ecstasyモデル」。

それぞれ特徴を掴んでいて良い味出していました。

6つのフットスイッチで色々な操作が可能に

G3Xnは、上段3つのフットスイッチで、3つのパッチを切り替えることができます。

パッチというのは、エフェクターに記憶させた音色のことで、G3Xnは150パッチ保存することができます。

パッチ移動が次に進むか、前に戻るかしかできない、GT-1とGE200に比べると、とても優れている点と言えます。

 

下段3つのフットスイッチは、バンク移動とモード切替スイッチ。

モード切替スイッチは、上段のスイッチをパッチ切替に使用する「MEMORYモード」、エフェクトのオンオフに使用する「STOMPモード」の2種類に切替できます。

STOMPモードでは、個別にエフェクトのオンオフが操作可能になるので、演奏の幅が広がります。

軽量・コンパクト!

見てもらったらわかるように、プラスチックの筐体です。

なので軽い!

フットスイッチはしっかりしているので、思いっきり踏まない限り、壊れることはないでしょう。

 

悪い点

エフェクト数の制限が少ない

同時使用できるエフェクトは7つまでなのですが、アンプモデルで2つ分、容量を食います。

つまり、残り使えるのは5つ。

ノイズゲート・マスターボリューム・ブースター・ディレイ・コーラス…これだけでもう容量いっぱい!

キャビシミュでも1つ容量食いますので、ラインで音出しするときは注意が必要。

ボリュームペダル↔️ワウの切替は不可

GT-1では可能なので、G3Xnではできるものだと思っていました。

STOMPモードが微妙

STOMPモードでは、1列に並んでいるエフェクトのうち、連続した3つが上段のフットスイッチにアサインされます。
上段3つのフットスイッチに、好きなエフェクトをアサインできるわけではありません。

例えば、1〜7エフェクトがあった場合、フットスイッチで操作できるのは、1〜3、2〜4、3〜5・・・といった順番になります。

操作性が良くない

mooer GE200に慣れると、G3Xnはかなり操作しにくい。

エフェクトを選んで設定を変えるだけでも、なんだかテンポが悪く、ストレスを感じます。

 

総評

うーん…音以外が全て一歩及ばずといった感じ。

音はめちゃくちゃ良かったですよ。GT-1が垢抜けるとこうなるのかなと思いました(笑)

モード切替スイッチのかわりに、GT-1やGE200に搭載されている、CTLスイッチを採用すれば良かったのにと思いました。
CTLスイッチがあれば、複数のエフェクトを同時にオンオフできるので、めちゃくちゃ便利なんです。

GT-1とG3Xnで悩んでいるけど、どっちが良いですか? と聞かれたら、僕は使い易さの点で、GT-1をオススメします。マルチエフェクターは使いやすくてなんぼだと思っています。

あとは、見た目が好きな方を選んでください。どちらを選んでも満足度は高いはず!

 

 

さいごに

G3Xnを使ってみて、Zoomの進化を感じました。本当に良い音だった。

ペダルのないG3nという機種もあるので、G3Xnがペダルの踏み込みで切替できないのなら、手持ちのエクスプレッションペダルを使う前提で、G3nを選ぶのもアリですね。手持ちのペダルだと踏み心地も安心だろうし。

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-マルチエフェクター
-

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.