ギター

マグナムロック+シャフトの高さ調整ができる最強のペグ【GOTOH SD91-HAPMレビュー】

SD91-HAPMペグ

GOTOHの「SD91」シリーズにハイトアジャスタブルポスト(HAP)マグナムロックの機能が搭載された「SD91-HAPM」を購入した。

早速、Fenderのストラトに取り付けしてみたところ、高さ調整はしやすいし、マグナムロックは最高の使い心地・・・

 

この記事ではGOTOH SD91-HAPMのレビューをしていきたい。

 

SD91シリーズはFenderストラト用のペグ

SD91

今回取り付けをしたSD91シリーズは、主にFender系のビンテージストラトに取り付けできるペグである。

その中でも、マグナムロックだけを搭載していたり、HAPだけを搭載していたりとシリーズがさまざま。

 

SD91-HAPMというのは、マグナムロックとHAPの機能を搭載したハイブリッドなペグである。

 

Fenderのストラトであればカンタンに取り付け可能

Fenderのストラトであれば、ネジを外すだけでカンタンに取り付けができることもある。

カンタンに取り付けができるギターの条件は以下。

 

SD91-HAPMがポン付けできるギターの条件

  • ビンテージスタイルのペグが搭載されていること
  • ペグの軸が6mm(ブッシュが6mm用であること)

 

ビンテージスタイルとは、下のような写真のペグのことを指す。

ビンテージスタイル

ビンテージスタイルのペグ

 

ペグの軸の太さが6mmというのは、SD91-HAPMを搭載したい場合の話。

SD91でも搭載したい機種によっては、径が違うものもあるので、自分が搭載したペグの仕様をよく確認してもらいたい。

軸が6mm

 

交換したいギターについているペグの軸が6mmであったとしても、何らかの理由で6mm用のブッシュが取り付けられていない場合があるかもしれない。

軸とブッシュに隙間があるギターの場合、念のためにブッシュも、SD91に付属のものと交換する方が安心である。

ブッシュ

 

ブッシュの交換や、ペグを取り付けるためのネジ穴を増やすとかは、極力自分ですることは避けたい。

これらの作業が必要な場合は、悩まずに専門の楽器屋で取り付けてもらう方が安心だ。

 

実際にネジの脱着だけでペグ交換できた

今回取り付けを行ったギターが、Fender JapanのHybridというモデルのギター。

もともとビンテージスタイルのロックペグだったから、おそらくゴトー製のペグが搭載されていたんだと思う。

 

軸の太さは6mmだったから、ブッシュの交換する必要もなし。

ネジ穴も同じ位置。

 

おかげでねじを外すだけでペグ交換ができた。

ネジはもともとギターについていたネジを使う方が、新たなネジ山を切る恐れもないし安心である。

 

ハイトアジャスタブルポストで弦の高さが自由自在に

ハイトアジャスタブルポスト(HAP)が搭載されているおかげで、各弦ごとにポストの高さを調整できる。

ポストの高さが調整できる利点は、ストリングガイドが不要になることが一番大きいと思う。

 

ストラトの1,2弦にはストリングガイドがついているが、ポストの高さを下げることにより、このガイドが不要となる。

ガイドがなくなれば弦への余計な摩擦がなくなるので、アーミングのときのチューニング狂いも少なくなる。

 

純正ペグ

純正ペグ

SD91-HAPMペグ

SD91-HAPMペグ

 

さいごに

実はSD91-HAPMはだいぶ前から購入していたが、取り付けるギターがなかったんだよね笑

今回、やっとストラトを入手したので、取り付けを試みたところ、カンタンにつけることができたし一安心。

 

ペグの回し心地は固くもなく、柔らかくもなく、といった感じ。

マグナムロックはやっぱり便利だねえ。

関連する記事

-ギター
-

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.