ギター

HybridとTraditionalの違いを解説!Made In Japan Fenderストラト2機種徹底比較!【MIJ STRATOCASTER】

更新日:

低価格でありながら日本製で品質が高い「MADE IN JAPANシリーズ」

この中でも手が届きやすい価格帯なのが「hybridシリーズ」「Traditionalシリーズ」だ。

Hybrid

 

Fender公式サイトへ

 

この2種類、なにが違うの?と思う方は多いと思う。

そんな方に向けて、今回はMade In Japan Fenderのストラトを例に、いろいろと解説していきたい。

 

HybridとTraditionalのざっくりとした違い

両機種をざっくりと説明すると、このようになる。

 

Hybridの特徴

定番の見た目+近代的なギターのスペック。

名前からもわかるとおり、クラシックとモダンの融合というイメージだ。

 

Hybrid

Hybrid

 

 

Traditionalの特徴

定番の見た目+定番のスペック。

スペックがHybridと大きく異なる。その分、Hybridより安い値段設定となっている。

Traditional

 

ボディ材

Hybridは「アルダー」、Traditionalは「バスウッド」が使われている。

 

昔からFenderのストラトに多く使われている木材が「アルダー」だ。

Traitionalといいながら「バスウッド」が使われているのは、すこし違和感があるのは僕だけ?

 

サウンド面は、アルダーは全体的にバランスの良い出音が特徴。

対してバスウッドは、中音域に特徴がある木材である。

どちらの木材にも良し悪しがあって、甲乙つけることができない。

バスウッド=安物ということではない点は注意してもらいたい。

 

 

ハードウェア関係

 

ピックアップ

Hybridには、FenderUSAに使われているピックアップと同じものが搭載されている。

また、電装系もUSAと同等のものが使われているのが特徴。

 

ピックアップの種類

【Hybrid】Fender® USA Vintage Stratocaster®

【Traditional】Vintage-Style Single-Coil Strat®

 

トレモロユニット

Hybrid

Hybridには、2点支持のトレモロユニットが搭載されており、アーミングしたときのスムーズさ、安定性が6点支持より向上する。

 

 

Traditional

Traditionalは伝統的なスペックを狙っているため、6点支持のトレモロユニットが使われている。

 

ネックまわり

Hybrid

Hybridはロックペグが使われている。

弦交換がすばやくできたり、チューニングの安定性が向上するのが、ロックペグの特徴だ。

 

ネックの塗装はサテン仕上げで、触り心地はサラサラ。

指板のアールは、標準のストラトよりフラットに近い250mmRが採用されていて、チョーキングなどが有利となる。

また、ナット幅が標準より0.5mm広いことと、ミディアムジャンボフレットの採用により、フィンガリングがしやすくなっている。

 

Hybridネックまわりの仕様

Neck Finish-Satin Polyurethane

Fingerboard Radius 250 mm

Fret Size Medium Jumbo

Nut Width-1.675" (42.5 mm)

Tuning Machines Vintage-Style Locking

 

 

Traditional

Traditionalは昔ながらのストラトといった感じである。

ビンテージストラトに慣れ親しんでいたら、こちらのスペックの方がしっくりくるはずだ。

 

Traditionalネックまわりの仕様

Neck Finish-Gloss Urethane

Fingerboard Radius-7.25" (184.1 mm)

Fret Size-Vintage Style

Nut Width-1.650" (42 mm)

Tuning Machines Chrome Die-Cast

 

 

さいごに

Traditionalは伝統的なスペックを狙ったにもかかわず、なんでアルダーボディが採用されなかったんだろう。

Hybridとの違いを大きくするための狙いがあったのかもしれないが、ここは一番腑に落ちない。

 

TraditionalとHybridの価格差は約2万円程度で、Hybridの方が高い値段設定になっている。

この程度の価格差であれば、ビンテージストラトに慣れ親しんでいるとか特別な理由がない限り、「Hybrid」を選んだ方が幸せになれると僕は思う。

 

 

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-ギター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.