ギター

ROLLY・みやぞんのギターレビューからみるEpiphoneの魅力【デジマート】

投稿日:2018年6月25日 更新日:

YOUTUBEで、ROLLY氏とANZEN漫才みやぞん氏が、Epiphoneギターのレビューをしているのはご存知ですか。

このレビューが、お二人の個性と相まって、すごく魅力的な動画になっています。

この動画を皆さんにも是非見てもらいたくて、記事にしてしまいました。

ROLLYがEpiphoneエントリーモデルをレビュー

動画の中で、Epiphoneのエントリーモデル5本全てを弾き倒しています。

まず演奏中の顔に目がいってしまう!(笑)

ギターは顔で弾くという言葉がありますが、ROLLYは顔で弾く達人です。

シングルコイルやハムバッカー、ネックの長さが違うギターと様々な機種を弾いていますが、細かな違いはあるもののほとんど同じに聴こえませんか。

ここがプロのすごいところ!
どのギターを使ってもROLLYの音になるんですねー。

 

そしてギターの解説も良いんですよ!

適当に解説しているのかなと思いきや、ギターのツボは確実に掴んでいて、とても分かりやすい。

どんなギターでもリスペクトしているあたりが、超一流だと思いました。

この動画を見ると間違いなくEpiphoneギターが欲しくなりますよ!

 

ANZEN漫才みやぞんのEpiphoneアコギレビュー

続いて、みやぞんのギターレビュー動画。

(動画は削除されていました)

めちゃくちゃゆるいです。

こんなんで良いのか!と思われるかもしれませんが、僕は良いと思いました。

どうしてかというと、おそらくみやぞんは、ギターは弾けるけど、機種や木材等に関しては全然知らないのでしょう。

感性だけで感想を言っていることがすごく良いなと。

 

Doveを弾いた後、ハミングバードを弾いて

「違いがわからない〜♩」

と歌っています(笑)

この2機種、木材はほとんど一緒ですよね? 違うとしたら、形からくるサウンドの違いくらいかな。

この感想はあながち間違っていないと思います。

このように素直な感想を言うみやぞんと、それを動画としてOKにしたEpiphoneとデジマートが本当に素晴らしい!

Epiphone良いな!と再認識させられた

Epiphoneといえば、Gibsonの傘下というイメージがあると思います。

その認識で間違いはないんですが、Epiphoneは、Gibson廉価モデルばかりでなく、Gibsonにはない独自のギターもたくさんあります。

歴史の深い会社ですし、一度Epiphoneについて詳しく調べてみると、Epiphoneの認識が変わりますよ。

さいごに

動画で紹介されたギターは、1万〜3万円程度で買えるエントリーモデルばかり。

2人ともすごく良いサウンドでしたね。

やはり音の良し悪しは、ギターではなく、テクニックで決まると証明された動画じゃないでしょうか。

素晴らしい企画でした!

 

▽本家デジマートの解説ページはこちら

https://www.digimart.net/magazine/article/2018032703114.html

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。

-ギター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.