イヤホン・ヘッドホン

イヤモニにも使えておすすめ!モニター用に最適のイヤホン【SHURE SE215レビュー】

SE215

「SHURE SE215」はSHUREの中でも安価なイヤホンである。

安価ではあるが、フラットで聴きやすい音質と外れにくい構造、音漏れの少なさからライブのモニター用としても使えることから、ずっと人気の商品だ。

 

2年ほど使っているので、使い心地や音質についてレビューしてみたいと思う。

今回紹介するものは旧パッケージのものなので、今は少しパッケージのデザインが変更されているので注意してもらいたい。

 

SE215の外観・付属品

付属品

付属品はソフトフレックスイヤパッドとフォームイヤパッドがそれぞれSMLの3種類ずつ、専用ソフトケース、クリーニングツールが付属する。

 

ケーブルは162㎝ととても長い。

長さの理由は、ライブなどで使用することを想定しているからかもしれない。

遮音性が高くて外れにくい構造のSE215は、ライブ中のステージ用モニター、いわゆるイヤモニとしても十分使える。

 

ケース

専用ソフトケースがなかなか使い勝手が良くてお気に入りだ。

小さな収納スペースもあるので、スペアのイヤーピースなどを入れることができる。

 

SE215の音質はフラットで馴染みやすい

SE215

低音がイヤにでることはないし、ものすごくフラットな音質である。

 

フラットだと退屈じゃないのと思うかもしれないが、全然そうではない。

楽器の繊細なタッチなど、ある程度は聴こえるので、リスニング用としても使える万能イヤホンだ。

SE215スペシャルエディションは中音域に特徴あり

SE215にはノーマルバージョンのほかに、スペシャルエディションというモデルも存在する。

スペシャルエディションはノーマルよりも中音域に厚みを持たせたモデルである。

 

そのほかの違いとしては、カラーがノーマルとスペシャルエディションで異なる。

カラーと音質が違うため非常に悩めるが、好みに合わせてノーマルかスペシャルエディションかを選ぶと良いだろう。

 

SE215の仕様

  • 重さ:30g
  • 感度:107dB SPL/mW
  • インピーダンス:17Ω
  • 再生周波数帯域:22Hz~17kHz
  • ドライバー:シングルダイナミック
  • 脱着式ケーブル

 

SE215は自分好みにカスタマイズできる

SE215はケーブルを交換したり、イヤーピースを交換して自分好みにカスタマイズすることができる。

 

コンプライ

安くできる定番のカスタマイズは、イヤーピースをコンプライに交換することだ。

イヤーピースをコンプライに交換してみたが、耳への密着度があがったことで、遮音性があがり、逃げていた低音もよく聴こえるようになる。

 

コンプライは素材、サイズで様々な種類がある。

イヤホン専門店だと実物を確認できるので、ぜひ足を運んで実物をみて選んでもらいたい。

 

 

さいごに

SE215は手頃な値段ながらハイエンドモデルに通ずることが学べるし、とてもコスパの良いイヤホンだと思う。

 

良いイヤホンが欲しいけど、どれを選べば良いのか分からないというときは、SHURE SE215はとてもおすすめできるイヤホンだ。

 

関連する記事

-イヤホン・ヘッドホン
-

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.