お役立ち情報

シールド自作したい方必見!ケーブルのカンタンな剥き方

シールドは買うよりも自作する方が圧倒的にコスパが良いというのは、ギター界隈では常識ではないだろうか。

だからシールドを自作したいという方は多いはず。

 

この記事では、シールドケーブルのカンタンな剥き方を紹介したい。

シールド自作初心者という方はぜひ参考にしてもらいたい。

 

使用する工具

使用する工具

シールドケーブルを剥くときに必要な工具は、ニッパーとカッターだけである。

ニッパーやカッターはダイソーなどの100円均一にも売っている。個人レベルで使用するのであればこういったもので十分だ。

 

だけどプロ仕様のニッパーであっても、そこまで高価なものではない。

丁寧に扱えば長い間使えるモノだから、こだわりたい方は良いモノを選んでも良いだろう。

 

こだわる方は、フジ矢などのブランドの小ぶりなニッパーがおすすめ!

シールドケーブルの剥き方

カッターを使って外装を剥く

外装の剥き方

シールドケーブルの外装は、硬いゴムのようなもので覆われている。

ゴムは引っ張ると戻ろうとする力が働く。これを利用してケーブルを剥いていく。

やり方は、ケーブルを軽く曲げて、引っ張られている外装にカッターの刃を軽く当てるだけ。

これだけで驚くほどカンタンにケーブルが切れていく。

 

カンタンに剥ける

この作業を行うときは指にカッターの刃が向いてしまうから、ケガには十分注意してもらいたい。

ムリに力を入れてカッターを滑らせ指を切ってしまう、なんていうことはないように慎重に行おう。

そして、中のケーブルにカッターで傷をつけないようにしないといけない。

 

ニッパーで細いケーブルを剥く

カッターで剥く

シールドケーブルの中には、細いケーブルが数本入っている。

この細いケーブルを剥くのが慣れるまで大変だ。

 

私は上の写真のようにニッパーを持ち、ケーブルの芯線(中の銅線)をキズつけないくらいの力で挟み、そのまま引っ張る、という方法で剥いている。

一度で剥こうとせず、2回3回とケーブルを回転させて違う方向から挟み何度か引っ張ると剥ける。

力加減がとても難しいので、少し練習が必要かもしれない。

 

動画で解説あり

 

シールドケーブルの剥き方は、言葉だけでは伝えることが難しい。

この記事では伝えることが難しいコツなどは、こちらの動画を参考にしてもらいたい。

 

さいごに

シールドの自作はコスパは確かに良いが、指のケガのリスクが高い。

刃物を扱う作業だから、工具の取り扱いには十分注意して作業を行ってもらいたい。

関連する記事

-お役立ち情報

Copyright© ギタラボ , 2020 All Rights Reserved.