ギターアンプ

【パワーアンプ比較】真空管とデジタルでサウンドの違いはあるのか

PS-1 vs isp

手軽に使えるパワーアンプを探すと、「Fryette PS-2」「 iSP STEALTH ULTRA-LITE」の2機種にだいたい行き着くと思います。

PS-2は大きいけど真空管搭載しているし、かたやiSPはめちゃくちゃ小さいことが売り。

 

この2機種でどっちの方が良いサウンドがでるの?というのが疑問にあったので、実際に2機種を入手してサウンド比較してみました。

 

アンプは真空管かデジタルか

真空管イメージ

ちまたでは真空管はふくよかな音がする、デジタルは固い音がするなどとよく言われるが、本当にそうなのか?

iSP STEALTH ULTRA-LITEでも十分良い音が出せるので、真空管は本当にいい音がするのかずっと気になっていました。

 

そして実際に検証してみました。

真空管信者ではないので、フラットな水準で評価できると思っています。

 

真空管・デジタルのパワーアンプの選定

最近はラックなど大きな機材は流行りではないですし、運搬はほとんどが電車移動になりますので、小型パワーアンプといえば、だいたいこの2機種に絞られます。

【真空管パワーアンプ代表】Fryette PS-2

スペック

消費電力: 180W

パワーアンプ出力: 50W RMS @ 5% THD, 1kHz sine into 8Ω

真空管:12AX7 x1 / 6L6 x2

インプットインピーダンス: 4Ω/8Ω/16Ω (選択可)

アウトプットインピーダンス: 4Ω/8Ω/16Ω (選択可)

電源ヒューズ :100V UNITS: T3.15A:120V UNITS: T3A:220V-240V UNITS: T1.6A

(T=タイムラグもしくはスローブロータイプ)

寸法 : 高さ: 82 mm x 幅: 355 mm x 奥行き: 250 mm (突起物含む)

重量 : 7.05 kg

 

【デジタルパワーアンプ代表】 iSP STEALTH ULTRA-LITE

フロント

スペック

    • utput Power:4Ω/90WRMS、8Ω/60WRMS、16Ω/31WRMS
    • Input Sensitivity/Max Output: -10dBu / .25vrms
    • Maximum Input Signal: +17dBu
    • Voltage Gain: 42dB
    • Noise Floor: -80dBu
    • Dynamic Range: 104db A WTD
    • Distortion: @10dBu output=.02% Full Output=.1%
    • Frequency Response: 20Hz – 20KHz = +0 / -.5dB
    • Input Power: 80mA @idle 3A full power @4Ω

Dimensions:124mm W x 44mm H x 102mm D

    Weight:430g

 

 

2機種の違いは真空管かそうでないか。あとは出力ワット数も大きく違います。

PS-2はリアクティブロード機能など、いろんな機能が備わっていますが、今回は単純にHelixをプリアンプとして使用し、その音を増幅する役目に絞って使用します。

 

真空管とデジタルでサウンド比較

PS-1 vs isp

比較するために、両機種を購入。

PS-2は手軽に入手できなかったので、サウンド面は同じで型落ちのPS-1を入手しました。

スタジオに2台持っていき、実際にサウンドの比較を行いました。

使用機材

  • ギター・・・SCHECTER EX-5
  • プリアンプ・・・Line6 Helix LT
  • キャビネット・・・Marshall 1960A

 

 

Helixの音をLRに割り振って、パワーアンプの切り替えをしています。

マーシャルキャビネットはステレオで使用し、両機種とも8Ωに接続。

 

クリーン(フェンダーアンプモデル)〜クランチ(マーシャルモデル)〜リード(レクチモデル)の順で比較しました。

 

サウンドを比較した結果、正直なところ、思った以上に差が感じられませんでしたね。

強いて言うなら、PS-1の方がiSP STEALTHでは表現できない帯域の音まで出ていて迫力あるサウンドだったかなと。

しかしこれくらいの違いならイコライジングでカバーできそうな気もします。

 

ノイズはiSP STEALTHの方が圧倒的に少ない。

真空管を搭載しているFryette PS-1はノイズを拾いやすいのでしょう。

 

結論

僕個人の意見ですが、真空管とデジタルでそこまでサウンドの差は感じられませんでした。

真空管とトランスが入って重たいFryette PS-1を使用するくらいなら、iSP STEALTH ULTRA-LITEで十分です。

ノイズも少ないですしね。

 

iSP STEALTH ULTRA-LITEめちゃくちゃ良いですよ。

軽量な筐体からは考えられないほど大きな音がします。ドラムにも負けないくらいの音量は十分出せますよ。

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-ギターアンプ
-,

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.