ギター

春畑道哉シグネイチャーモデルが気になりすぎて夜も眠れない【MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER】

TUBEのギタリスト春畑道哉さんが、FENDERから新しいシグネイチャーモデルを出すと発表がありました。(2018年8月末)

発表されてから、ギター界隈はすごくざわついています。そして発表から2日くらいで、初期ロットの予約はほぼ完売。

 

シグネイチャーモデルって、一般的にはファンしか買わないし、ガシガシ売れる印象は少ないですが、このモデルは違うようです。

 

どうしてこんなに人気なのか、考えてみます。

 

▽春畑道哉シグネイチャーモデルについてのFENDER公式HPはこちら

https://shop.fender.com/ja-JP/product-haruhata-signature

 

(9/5追記)

ヨドバシカメラ.COMで予約受付中を発見!ヨドバシは目の付け所が違いますね!

 

価格は特段安いわけではありません。ポイント還元は10%ですが、ポイントを差し引いた実質価格が、楽器屋さんで購入できる値段。。。

値引き交渉で、デジマートのHPを提示する時代がくるかもしれません(笑)

https://www.yodobashi.com/product/100000001004031931/

FENDERストラトなのに!?

このモデルは、FENDERストラトにあるまじきスペックなのです。

これが人気の秘訣なのかなと。

リバースのラージヘッド、ユニークかつ機能的なコントロール系統、ダブルロッキングトレモロシステムなど「MICHIYA HARUHATA STRATOCASTER® III」に詰め込まれていたアイデアを余すところなく搭載しています。フロントにDIMARZIO DP193、センターにTexas Special、リアにDIMARZIO DP153というHSH構成のピックアップは、普通のStratocaster®とは異なりボディにダイレクトマウントされており、パワフルで埋もれることの無い明瞭なサウンドを実現しています。

公式HPの引用。

FENDERなのにフロイドローズ、HSHのピックアップ、ボディのトップ材はキルトメイプルでギラギラ、アッシュボディ…

 

おいおいおい、めちゃくちゃ良いやないか・・・・!!!!!

 

ギターの色は、爽やかな青。TUBEのイメージである「海」ととてもマッチしている(笑)

 

ネックシェイプとコントロール系が不安

予約してすぐにでも飛びつきたいところですが、お財布事情と気になる点がいくつかあってギリギリポチっていない状況です。

どこが気になるのかというと、ネックシェイプとコントロール。

 

ネックシェイプは春畑さん好みの仕様に

ネックシェイプは春畑本人が使用している実機を3Dスキャンし、緻密再現された"MICHIYA HARUHATA SOFT V"を採用。今年の5月初旬、TUBEの全国ツアーのステージリハーサルにおいて、完成したしたプロトタイプをチェックした春畑は、一瞬にしてそのギターを気に入り、そのまま本番のステージでも使用しました。また、その後もそのギターで演奏し続けていることから、そのクオリティの高さと、春畑の期待に答えた仕上がりになっていることを証明しています。

 

春畑さん好みのネックに仕上がっているそうです。春畑さんのネックの好みがわからないし、どんな形状か試奏して確認したいです。

春畑さんとネックの好みが一緒だったら良いなぁ。

 

コントロールが独特

これはギターのスペック表にこんな風に書かれています。

ELECTRONICS

BRIDGE PICKUP: DIMARZIO DP153

MIDDLE PICKUP: Texas Special

NECK PICKUP: DIMARZIO DP193

CONTROLS: Master Volume, Mid Pickup Volume, Master Tone with Push-Push Switch for Neck Pickup ON/OFF

CONFIGURATION: HSH

 

「Tone with Push-Push Switch for Neck Pickup ON/OFF」ってなに?

そのまま読むと、トーンを押すことでフロントピックアップがオンオフされるってことですよね。

春畑さんはこのコントロールをどうやって使っているんだろう。

 

ぜんぜん関係ないですが、FENDERに対して、DIMARZIOのピックアップ載せてくださいと言える春畑さんがすごい!

 

残念な点

ブリッジのダブルロッキングトレモロシステムというと、FENDER独自の物になるんでしょうか。

ここは個人的にフロイドローズを載せてほしかった!

フロイドの安心感は僕の中でかなり重要。改造せずに簡単にフロイドローズに付け替えできたら嬉しいですね。

 

さいごに

このスペックのギターが、お手頃な値段でFENDERから出るとは思っていなかったです。

でも試奏せずに買うのは怖いので、試奏はしたいところ…試奏したら間違いなく買ってしまうな…

 

そもそも人気すぎて、店舗にこのギターが置かれることがあるんだろうか。

不安はたくさんあって、夜も眠れません。

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-ギター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.