MOOER

Mooer GE200の最新FW「V2.0.0」リリース!ディレイ・リバーブ音質向上など

投稿日:

GE200のファームウェア「V2.0.0」がリリースされた。

とうとう「V1.○.○」から「V2.○.○」の大きな変化だから期待は大きい。

 

今回はどのような点が変更になったのか、アップデートの注意点などを紹介する。

 

「V2.0.0」アップデートの内容

 

アップデートの内容は英語で書かれている。

http://www.mooeraudio.com/companyfile/GE200-Downloads-138.html

これをグーグル翻訳してみるとこのようになる。

 

V2.0.0の内容

1.ディレイ&リバーブ効果の音質を改善しました。
2.ディレイ&リバーブ効果のための "Trail On"機能。
3.真新しいモノピッチシフト効果。
4.バックアップ機能。ワンクリックですべてのあなたのプリセットをインポート/エクスポートする
5. PRE / POSTルーパーモードでループ位置を変更可能。
6. 430Hz〜450Hzのチューニング範囲を改善しました。

このままではよくわからないので、ざっくり説明してみよう。

 

ディレイ・リバーブの音質改善+「Trail On」機能追加

ディレイ・リバーブの音質改善だが、これはそのままの意味だと思う。

モジュレーションのレベルが上がると、サウンドの質はかなり向上するだろう。

 

「Trail On」機能の追加とは、パッチを切り替えた際、ディレイなどの残響音を途切れないようにする機能のこと。

「Trail On」状態では、パッチを切り替えても残響音がそのまま残るため、不自然に音が切れることがなくなる。

 

注意していただきたいことは、曲調が静かになる場面などで、ハードサウンドからクリーンに切り替えたときは、残響音が目立ちやすくなり、逆に不自然になることがある。

演奏する曲によって、「Trai On」は使い分けた方がいいだろう。

 

「モノピッチシフト」追加

これはいわゆる「ピッチシフター」の追加だ。

 

ピッチシフターとは、ギターの音程を自由自在に上げ下げするものである。

ギターを半音下げにして、原音を0にすれば、擬似的に半音下げチューニングにすることも可能。

ピッチシフターが追加されたことで、非常に助かる人もいるはず!

 

 

ループ機能の変更

エフェクトの先頭(Pre)か後ろ(Post)どちらにループを配置するか変更できるようになった。

 

先頭にループを配置すれば、エフェクトの切り替えにより、ルーパーの音まで変化してしまう。

一方、後ろにループを配置すれば、ループされるサウンドはエフェクトの切り替えとは関係なく、録音したときのサウンドがループされることとなる。

 

 

GE200をアップデートする方法

 

GE200をアップデートする手順は、以下の記事で確認できる。

MOOER GE200のアップデートの方法を解説

続きを見る

 

アップデートは簡単だが、パッチが消える恐れがあるので注意してほしい。

アップデートするときは、あらかじめパッチをパソコンにエクスポートしておいた方が安全である。

 

さいごに

低価格帯のマルチエフェクターの中では、GE200がサウンド面に関して頭一つ飛び抜けていると思う。

そして、FWがどんどんリリースされていて、機能向上もしているから、GE200の無双状態はまだ続きそうだなあ。

 

 

 

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-MOOER

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.