マルチエフェクター

MOOER GE250にIR(インパルスレスポンス)を導入する方法を解説

IRを導入

MOOER GE250はIR(インパルスレスポンス)を導入できる点が特徴の一つ。

今回はGE250にIRを導入する方法を解説していきたい。

関連記事
GE250
トーンキャプチャーがついた破格のマルチエフェクター!MOOER GE250購入レビュー

続きを見る

 

 

GE250にインパルスレスポンスを導入するには

GE250

MOOER STUDIO FOR GE250をインストールする

 

GE250にIRを入れるには、まずパソコンにMOOER GE250専用エディットソフト「MOOER STUDIO FOR GE250」をインストールする。

 

ダウンロードは公式サイトからできるので、自分の環境にあったOSのソフトをダウンロードしよう。

http://www.mooeraudio.com/companyfile/GE250-Downloads-148.html

 

GE250とパソコンをUSBで接続

MOOER STUDIOを起動する前に、GE250とパソコンをUSBで接続する。

 

GE250は起動しておこう。

起動のタイミングはおそらく、パソコンとの接続前後のどちらでも良いはず。

 

MOOER STUDIOを起動してIRを導入

ようやくMOOER STUDIOを起動させる。

するとGE250のエディット画面が出てくるはずだ。

 

エディット画面からキャビネットシミュレータの画面下に「EMPTY」があるはずだから、「+」をクリックしてIRを導入していく。

反対に導入済みのIRを消したい場合は「-」をクリックする。

IRを導入

導入したIRは、キャビネット選択画面から選べるようになるので、これで無事にIRを使えるようになるはず。

 

GE250でインパルスレスポンスは必要?

GE250

そもそもではあるが、GE250にIRを頑張って導入するメリットはあるのかという点。これは非常に難しい問題だ。

 

GE250には10個までしか外部IRを入れることはできない。

その点を考えると、IRを加えて音作りをするのはとても難しいと思う。

IRを含む音作りをゼロからスタートさせようと思うと、GE250ではかなりの手間と労力がかかるから、個人的にはおすすめできない。

 

GE250に付属のキャビネットシミュレータで音作りをする方が100倍早いし、それなりの音の出せるように思う。

 

好みのIRのセッティングがあって、これでいくんだ!という強い思いがあるのなら、IRはぜひとも導入してもらいたい。

でも、IRって1種類だけで使うことはまれで、普通は2種類のIRを混ぜて音作りすることが多いから、やっぱりGE250でIRはきついんじゃないかなー

 

GE250にインパルスレスポンス導入のまとめ

GE250にインパルスレスポンスを導入するのは、とてもカンタンでお手軽だ。

どうしても使いたいIRがあるのなら、GE250に導入してみてはいかがだろうか。

 

関連記事
GE250
トーンキャプチャーがついた破格のマルチエフェクター!MOOER GE250購入レビュー

続きを見る

 

関連する記事

-マルチエフェクター
-

Copyright© ギタラボ , 2020 All Rights Reserved.