マルチエフェクター

Line6 HX Stompに使えるおすすめのケース!用途別3つ紹介!

Line6 HX Stompはコンパクトエフェクターより大きいけど、マルチエフェクターより小さいという、絶妙な大きさである。

 

そしてめちゃくちゃ高い

 

こんなに高いエフェクターなのに、最適なケースがあまりないというのが結構辛いところだ。

今回はHX Stompにおすすめできるケースなどを紹介する。

 

 

ギターケースにそのまま入れられる!【イージーラッパー】

イージーラッパーは、裏地と表地がひっつく風呂敷で、カメラの機材保護のために作られたものだ。

カメラ用だが、HX Stompを守るのにとても良い商品である。

 

使い方はHX Stompにイージーラッパーを巻きつけるだけ。

僕はこのままギターケースに入れている。

ギターケースにいれても、そうカンタンには剥がれない。

 

どれくらい剥がれないかというと、こんな感じ。

 

エフェクターケースすら持ちたくないめんどくさがりには、イージーラッパーがめちゃくちゃおすすめ!

 

イージーラッパーのサイズは4種類ある。

HX Stompに最適なのはMサイズなので、購入するときは注意してもらいたい。

 

ギターケースに入れているエフェクターを傷つけない!画期的な布「イージーラッパー」レビュー

続きを見る

 

 

 

インナーバッグとして使う!【Chululu インナーポーチ M】

これもカメラ用の商品である(笑)

 

上で紹介した「イージーラッパー」が不安な方は、このケースをつかうと良いだろう。

 

 

中には仕切りが1つある。仕切りはマジックテープになっていて、好きな幅に変更が可能。

仕切りのおかげで、HX Stomp本体とアダプターをそれぞれ入れることができる。

 

 

これはインナーポーチだから、ポーチを入れるために別途バッグが必要になる。

 

僕が持っているナスカギターケースは、マチが広い特別仕様だから、インナーポーチがそのまま入る。

普通のナスカギターケースだと、インナーポーチは入らないかも?

 

汎用のギターケースであれば、とてもじゃないがこのポーチは入らないだろう。

 

 

 

軽量・持ち運びに便利!【One Control エフェクターインナーバッグ】

仕切りがマジックテープになっていて、手持ちのエフェクターに合うよう調整できるのが特徴。

外側にはポケットが1つあり、小物の収納に便利である。

 

 

 

HX Stomp、小型パワーアンプを入れてみたらこんな感じになる。

 

 

 

見た目さえ気にしなければ安くてオススメ!One Controlエフェクターインナーバッグ レビュー!

続きを見る

 

さいごに

 

HX Stompは高いので、キズがつくとショックが大きい。

HX Stompをキレイに使いたいという方は、ぜひこの記事を参考にしてもらいたい。

 

 

そして今回、カメラ用商品の紹介が多かったのには理由がある。

それは商品が豊富なことと、値段が安いからだ。

 

ギター用という枠にとらわれず、カメラ用で探してみるのも面白いと思う。

 

 

関連する記事

-マルチエフェクター
-

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.