ギターグッズ

木のぬくもりを感じる優しいスタンドKIKUTANI GS-02レビュー

外観

いつでも手軽にギターを弾ける環境はすごく大事。

そのためには、リビングなどの生活環境にギターを置く必要がある。

ただ、ギタースタンドって金属製が多くて、オシャレじゃない!

 

今回おすすめしたいのは、とてもシンプルな作りなんだけど、木製で生活環境に馴染みやすいギタースタンド「KIKUTANI GS-02」だ。

 

この記事では、木でできたシンプルなスタンド「KIKUTANI GS-02」のレビューを書いていく。

 

KIKUTANI GS-02の外観

 

外観

ギタースタンドにしてはとてもシンプルな構造で、ギターの底と背中をグリップさせて固定させるというモノ。

木目がきれいに出ていて、とてもオシャレ。

 

外観

ギターを置くとこのような感じになる。

リビングなどにも馴染みやすいデザインだと思う。

 

外観

ギターのボディにそれなりの厚みがないと、しっかりグリップしない構造になっている。

スタンダードなアコースティックギター・クラシックギターであれば、だいたいは立てかけることができるだろう。

アコギ1

アコギ2

ラウンドショルダーでもばっちり!

 

パーツは2枚の板のみ

2枚の板

組み立て作業は必要なくて、2枚のパーツを組み合わせるだけでとてもシンプルな作りだ。

分解はカンタンにできてかさばらないから、一応持ち運ぶことも可能である。

 

板の大きさはそれなりにあるので、ギグバッグに入れるには無理がありそう。

 

アコギ用だけどエレキでも一応使える

レスポールも置ける1

レスポールも置ける2

アコースティックギター用のスタンドだが、レスポールでも一応置くことができた。

 

でもギターの厚みが足りなくてしっかりホールドされてなさそう。

不安定だからあまりおすすめしないかも。

 

KIKUTANI GS-02の欠点

ギターが倒れやすい

ネックに支えがないスタンドだから、置き方を間違えると、ネックから背面に倒れてしまう。

実際にこのスタンドでギターを倒してしまったことがあって、そのときはギターの置く位置が浅くてグリップが効かなくっていたようだ。

その結果、ネックから倒れて、ネック上部が軽く凹んで傷がついてしまった。

 

ギターがしっかり配置されていれば、グリップは確実に効いているので、そう倒れることはないはず。

スタンドの奥にギターがしっかりハマっていることを、毎回意識した方が良いだろう。

 

また、子供やペットがぶつかってもギターはカンタンに倒れてしまう。

スタンドを置く場所は慎重に考えよう。

 

ラッカー塗装のギターは置かない方が良い

接地面はゴム

ギターとの設置面にはゴムが使用されている。

ギブソンなどのラッカー塗装されているギターだと、塗装面を痛める可能性があるから注意が必要だ。

 

KIKUTANI GS-02まとめ

KIKUTANI GS-02は、木目が出ていて、他にはあまりみないデザインのギタースタンドだ。

家の中にも馴染みやすいし、とてもオシャレ。

 

リビングにギターを置きたいというときに、とてもおすすめのスタンドである。

 

関連する記事

-ギターグッズ
-

Copyright© ギタラボ , 2020 All Rights Reserved.