DTM・DAW

2万円のIFから買い替えたら音質の違いに驚愕!BabyFace Pro FSレビュー

片手で持てるサイズ

ハイエンドのオーディオインターフェースを一度は体験してみたい思ってたところ、BabyFace Proの新製品が登場したから、人柱覚悟で購入してみた。

 

今まではRolandの「Rubix24」を使っていた。

これは2万円前後のいわゆるエントリークラスのオーディオインターフェースである。

そんなものを使っていた素人の私がいきなり「BabyFace Pro FS」を使っても、どうせ音の違いなんて分からないだろう…なんて思ってたら、それが大違い!

 

ビビるくらい出力される音は違うし、録音できる音源の質もかなり向上。

こんなに違いがあるのか…と正直思ってしまった。

 

この記事では、「RME BabyFace Pro FS」の購入レビューを書いていく。

RME AUDIO Babyface Pro FS

 

BabyFace Pro FSの外観・付属品

外観・付属品

BabyFace Pro FSを購入すると、専用のハードケースがついてくる。

他に付属するものはUSBケーブル・MIDIケーブル・取扱説明書類である。

 

ハードケースは正直なところ、せっかくコンパクトな本体を台無しにする大きさだから、私は使わないだろう。。。

 

片手で持てるサイズ

本体は片手で持てるほどの大きさだが、持ってみると意外とずっしりくる。

外観がアルミで覆われているけど、高級感はそこまでなく、ポップなデザインだなと感じた。

BabyFace Pro FSの仕様

  • 電源:USBバスパワー(または外部電源を使用)
  • 5 Vバスパワー動作時の電力:700 mA(3.7W)
  • 12 V外部電力時の電力:313 mA(3.7W)
  • 寸法:W108 x H35 x D181 mm
  • 重量:680 g

 

左側面

左側面

右側面

右側面

左側面にはUSB・MIDI・デジタル出力関係、左側面にはヘッドフォンジャック・アナログ入力端子が配置されている。

 

ヘッドフォンジャックはミニプラグと標準プラグに分かれている。

それぞれ出力インピーダンスが違っていて、標準プラグではハイインピーダンスのヘッドフォンでも、十分な音量を確保できるように設計されているようだ。

 

裏面

裏面はアナログのXLR入出力が搭載されている。

 

ケーブル類

USBケーブルの先端がL字に曲がっている。

これはBabyFace Pro FSの本体にUSBケーブルを挿したときに、ケーブルが邪魔をしないよう配慮されている。

USB差込口

RME AUDIO Babyface Pro FS

 

BabyFace Pro FSは素人でもわかるぐらいスゴい

出力されるサウンドの解像度が高い

BabyFace Pro FSの何に一番驚いたかというと、出力されるサウンドの解像度の高さである。

解像度とか素人が何いってんのって思うかもしれないけど、誰にでもわかるぐらい、BabyFace Pro FSから出てくるサウンドがスゴかった。

 

サウンド比較

サウンドの比較は、Roland Rubix24と、BabyFace Pro FSのそれぞれのヘッドフォンアウトで音楽を聴き比べた。

 

聴き比べてみるとRubixがかなり籠もったように聴こえる。

BabyFacePro FSは楽器の鳴っている位置、反響がはっきりわかるし、楽器の細かなノイズまでが鮮明に聴こえてくるから、本当に鳥肌モノ。

 

録音される音源もレベルが高い

録音側もアコギのサウンドをマイク録りで、BabyFace Pro FSとRubixとで比較を行った。

これも両者に違いが出ていて面白かった。

 

具体的にはRubixはカッティングなどの強い音が出たときに、鳴り切らずにボソボソとしたサウンドになっていて、中音域も若干弱い感じが出ていた。

これがBabyFace Pro FSだときれいに録音されていた。

これも一言で言えば、BabyFace Pro FSで録れるサウンドの解像度が高いということになる。

 

RME AUDIO Babyface Pro FS

 

付属のハードケースは運搬に向かない

外観・付属品

付属のハードケースは、とにかくでかい。

BabyFace Pro FSがコンパクトなのにケースがでかいから、持ち運びしにくくなって本末転倒。

 

私はガジェット好きでもあるから、ピークデザインというカメラのアクセサリメーカーが出しているガジェットポーチを愛用している。

なんと、このポーチにBabyFace Pro FSがピッタリだった!

 

ポーチにピッタリ

 

少し値の張るポーチだが、ノートパソコン用のケーブルやハブなどたくさん入る便利なグッズである。

Tech Pouch

 

BabyFace Pro FSレビューまとめ

今回、初めてハイエンドのオーディオインターフェースを使ったわけだけど、出てくるサウンド、録れるサウンドの違いが素人の私でも分かったという点に驚いた。

 

これまでに自分で納得して作ったサウンドを改めてBabyFace Pro FSで聴くと、以前のインターフェースでは再生しきれていなかった部分がよく聴こえる。

それは耳の痛い音域であったり、なんとなくでイコライジングで削った部分だったりする。

こんなサウンドを世に出していたのか…と思うとゾッとした(笑)

 

「ヘッドフォンはいいものを使いましょう」なんてのはよく聞くけど、「オーディオインターフェースをいいものにしよう」というのはあまり聞かない。

これからはヘッドフォンをいいものにするのなら、オーディオインターフェースにもこだわるべき!というスタンスで、私は提唱していきたいと思った。

 

ただ、BabyFace Pro FSは高くて気軽に導入できないというときは、旧型のBabyFace Proを探すのは良い手かもしれない。

 

RME AUDIO Babyface Pro FS

 

関連する記事

-DTM・DAW
-

Copyright© ギタラボ , 2020 All Rights Reserved.