DTM・DAW

M1 MacのLogic ProXでHelix nativeが動かないときの対処法

2021年10月26日

HJX Native

M1のMacに買い替えてから、Logic Pro XでLine6 Helix Nativeを開くとめちゃくちゃ調子が悪くなった。
公式サイトにはM1 Macに対応していると書かれているし、何が原因か分からずずっと放置していたが、iZotopeの注意喚起を見てこの症状を直すことができた。

この対処法はみなさんにも共有しておきたいので、カンタンなことではあるが記事にして残しておこうと思う。

症状について

どういう症状が出たかというと、Logic Pro XでHelix Nativeを起動させると、プラグインはかろうじて動くが動作がめちゃくちゃもっさりする、というもの。
この症状は起動して少し操作すると次第に現れて、どんどん動きが鈍くなり、最終的にはほとんど動かなくなる。

原因はRosettaを使用していないこと

この症状の原因は、Logic Pro Xの動作にRosettaが使用されていないことであった。
Rosettaとはインテル用のアプリをM1Mac上で動かすための機能である。これをLogic Pro Xで有効にする必要があった。

Logic Pro Xの設定方法

Logic Pro XにRosettaを適応する設定は以下の手順で行う。

手順1

アプリケーションにてLogic Pro Xを右クリックし、「情報を見る」をクリックする。

手順2

中程にある「Rosettaを使用して開く」をクリック。

以上!

最後に

たったこれだけの設定でHelix Nativeは正しく動作するようになった。

この設定方法はM1 Mac上で動かなくなったほかのプラグインにも有効だ。M1 Macに買い替えてからプラグインがなんか調子悪い、という時はこの設定を一度試してみてもらいたい。

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ギタラボ」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。 機材のレビュー依頼は お問い合わせフォームからお願いします!

-DTM・DAW
-