エフェクター

オーディオIFとMIDIフットコントローラが合わさったオールインワン機材【MeloAudio/Toneshifter MEGAレビュー】(PR)

Toneshifter MEGA

MeloAudioの「Toneshifter MEGA」はオーディオインターフェースとMIDIフットコントローラーがミックスされた機材である。

これらが合わさることのメリットはただ一つ

iOSソフトをエフェクターのように動かせる!という点だけだと勝手に思っている。

 

ギターの練習はiPhoneにつないでしていたけど、高品質な音で撮りたい!スタジオでも使いたい!など、次のステップにいきたいときに「Toneshifter MEGA」は最適である。

 

今回は提供して頂いた「Toneshifter MEGA」をレビューしたいと思う。

 

Toneshifter MEGAの外観・付属品

Toneshifter MEGA

 

「Toneshifter MEGA」にはMIDIケーブル、USBケーブル、ステレオ変換プラグが付属している。

ピックはおまけかな。

Toneshifter MEGA

 

サイズは260 x 130 x 60 (mm)とかなり小型。

 

裏側の端子はこんな感じ。

2in2outのオーディオインターフェースにMIDI端子、左右にはXLRのinとoutが配置されているのが独特。

Toneshifter MEGA

 

重量は0.98kg。

めちゃくちゃ軽い。

 

 

Toneshifter MEGAUSB給電で動く

Toneshifter MEGAはUSBのバスパワーで動作する。

 

このような機器はiPadなどから給電するとき電源不足に陥りがちだ。

驚いたことにToneshifter MEGAは、外部から電源供給することなく動作することを確認した。

 

Toneshifter MEGAはとても省電力で動作しているということだと思う。

 

MIDIコントローラーとしての性能

Toneshifter MEGAにはMIDI Commenderと同じく、特定のマルチエフェクター・ラック・ソフトウェアに最適化されたモードが用意されている。

プリセットされている機種

マルチエフェクター/ラック・・・Kemper、AXE FX、Atomicシリーズ

ソフトウェア・・・BIAS FX、Jamup

 

MIDIコントローラーとしての性能はCommenderと同等である。

詳細を知りたい方はこちらの記事を参考にしてもらいたい。

 

ただし、Toneshifter MEGAの電源はUSB供給のみだから、ライブに使用するときはUSB電源をどう確保するか考える必要がある。

 

オーディオインターフェースとしての性能

入力にはそれぞれ、Lはギター用、Rはマイク用に割り振られている。

 

Lチャンネル入力にはブーストスイッチがある。

ギター入力が小さいときにブーストスイッチを使うとノイズの削減に役立つだろう。

Toneshifter MEGA

 

Rチャンネルが独特で、上部には標準プラグ用、右側側面にXLR端子がついている。

XLR端子にはファンタム電源が供給できる、コンデンサーマイクの接続も可能ということだ。

Toneshifter MEGA

 

ディスプレイには通常時、バンクとエクスプレッションの状態、送信しているMIDI信号が表示されている。

Toneshifter MEGA

 

入出力レベルを変更したときは、下のような画面に切り替わる。

左から「ヘッドフォンアウト」「Lアウト」「Rアウト」「Lイン」「Rイン」の入出力レベルが表示されている。

Toneshifter MEGA

 

Toneshifter MEGAをiOS機器と接続

手持ちのiOS機器「iPhoneX」「無印iPad(2018)」を使って、Toneshifter MEGAを動作させてみた。

 

iPhoneX+Toneshifter MEGA

iPhoneXと接続して、試しにJamUpを使用してみたが動作に問題なし。

不安定になるようなこともないし、フットスイッチのラグもほとんど感じられない。

ラグが出るとすればソフト側の処理能力の問題だろう。

Toneshifter MEGA

 

無印iPad(2018)+Toneshifter MEGA

無印iPad(2018)と接続。

iPadを置くためのくぼみにきれいにハマる。

 

iPadはiPhoneより処理能力が劣るが、こちらも全く動作に問題なし。

Toneshifter MEGA

 

iOS機器との接続に使用したもの

iOS機器とToneshifter MEGAの接続に使用したのはカメラアダプターのみ。

カメラアダプターであれば、iPhoneを充電しながら使えてとても便利だ。

 

さいごに

今までもiPhoneをアンプなどにつなぐ方法はあった。ただしエフェクトの切り替えがとてもたいへんで、Bluetooth対応フットコントローラーを使うしかなかった。

Bluetoothは遅延や途切れが怖いし、なんだかいまいちだった。

 

そんな悩みがToneshifter MEGA」を使えば一発で解決する、あるようでなかった商品である。

関連する記事

-エフェクター
-

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.