Line6 エフェクター

Marshall JCM2000+Line6 HX Stompでお手軽B'zサウンド【パッチ配布あり】

投稿日:

以前に出した「B'zサウンドをHelixで作る」記事で、パッチがほしいという方がいたので、それからパッチ配布するようになった。

その中で、配布したパッチをスタジオで使うといい音が出なかった、というコメントを頂いたことがある。

松本孝弘サウンドにLine6 Helixで挑戦してみた【B’zサウンドの研究1】

続きを見る

 

このときに作ったパッチはライン録音する前提のものだから、スタジオで使ったとき、どんな音が出るかは正直想像がつかない。

もしスタジオで使うならこのパッチは参考にならないから、音を0から作る必要があると僕は思う。

 

今回、スタジオで遊ぶ機会があったので、HX Stompを使ってB'zっぽいサウンド作りに挑戦してみた。

 

こんなサウンドになりました

全然仕込まずにスタジオに飛び込んだから、演奏には目をつむって!

 

サウンドはそれっぽくなった気がする…どうなんだろう…

個人的にはこのクオリティが出せればOKかなと思っている。

 

ギターは毎度のGibson Lespoul Standard

セッティングは、HX StompのアウトをJCM2000のリターン挿し。

録音はTASCAM DR-07Xで録っている。

 

TASCAM DR-07Xのレビューはこちら

バンド演奏の録音におすすめ!機能追加で更に使いやすくなったTASCAM DR-07Xレビュー!

続きを見る

 

 

Marshall JCM2000を選んだ理由

まずHX Stompをスタジオでどのように接続して使うかという問題。

一番の問題点だと思う。

 

ここはどこのスタジオでもだいたい置いているであろう「Marshall JCM2000」を使用することにした。

 

ライン出しでスタジオ練習するのは、個人的になしかな。

アンプがあるんだからアンプを使おうよ!笑

HX StompのアウトをJCM2000のリターン端子に接続

HX StompはJCM2000のリターン端子に接続する。

こうすることで、HX Stompのアンプシミュレータが活かせられる。

 

ただし、リターン挿しすることによる注意点もある。

これを守らないと最悪ギターアンプを壊すことになる。

 

リターン挿しの注意点

  • HX Stompをアンプにつなぐときは、HX Stompのマスターボリュームが0になっていることを必ず確認すること
  • ボリュームはHX Stomp側で操作する必要あり
  • アンプのつまみは効かなくなる

HX Stompのセッティング

プリアンプは「PV Panama」を使用。

これはPeavy 5150のモデリングである。

 

プリアンプだけでは歪みが足りないから、ブースターをかましている。

これだけ!

 

めちゃくちゃシンプルにしてみた。

 

ギターソロはワウとディレイをオン

このパッチはスナップショットを使っている。

  • スナップショット1 - リード
  • スナップショット2 - ギターソロ

 

ギターソロに切り替えたら、ワウとディレイがオンになるように設定。

これでパッチを切り替えることなく、音色を切り替えられることができる。

 

パッチが欲しい方はこちら

録音に使用したパッチが欲しい方は、TwitterからDMください!

フォロー大歓迎!!

 

 

さいごに

このセッティングなら、HX Stompをアンプにつなぐだけでおわり!

JCM2000さえあればいつでも同じサウンドが出せるし、HX Stompがすごいと言わざるを得ない。

 

B'zのコピーをしたい方はこのセッティングを参考にしてみてください。

そしてもっと良いセッティングがあれば教えてくださいー!

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
れい

れい

趣味でギター弾いています「れい」です。 当ブログ「ゆとりギター」ではギターに関すること、機材レビューなどを書いています。

-Line6, エフェクター

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.