HOTONE

HOTONE AMPEROはコンパクトで高機能な次世代マルチエフェクター

投稿日:2019年1月19日 更新日:

2019年2月にHOTONEから「AMPERO」が発売されます。

今流行りのコンパクトマルチで、価格は45000円前後らしいからライバルは「MOOER GE200」あたりでしょう。

公式サイトとyoutubeのAMPEROデモ動画を参考にして、AMPEROをご紹介します。

http://allaccess.co.jp/hotone/ampero/

 

AMEROはタッチ機能付きカラーディスプレイ

「タッチ機能」がとうとう安価マルチでも対応となります。

タッチ機能がついて「HEADRUSH GIGBOAD」より安くて良いとこどりですね。

 

no image
HEADRUSH新製品「GIGBOARD」ってどんなの?

続きを見る

 

 

つまみが少なくてスタイリッシュなデザイン

見た目は完全に「MOOER GE200」意識してるみたい。

ディスプレイのタッチ機能のおかげで、つまみは最小限になっています。

すっきりしたデザインでかっこいいですね。

 

 

インパルスレスポンス対応

最近のマルチはインパルスレスポンス(IR)対応が必須になってきました。

AMPEROも例外ではなく、IR対応です。

IRに対応することによって、ライン出力でも高品質なサウンドを出せるようになります。

no image
おすすめIRの紹介ーF884IRが素晴らしい

続きを見る

 

 

アコギ・ベース・キーボードにも対応

エレキギターのほかに、アコギ、ベース、ライン入力のキーボードにも対応しています。

これは入力インピーダンスの設定を3段階に調整することで可能になっているみたい。

エフェクト面でうまく対応しているのかは今のところ不明です。

 

244種類のエフェクト内蔵

エフェクトは以下のようなラインナップ。

  • 244 effects、HOTONE独自のモデリングメソードCDCM HD & F.I.R.E.による完成度が高い64 x Amp、60 x CAB、100 x ご存知のペダル。
  • 3rdパーティーIRがロードできます。
  • 50 x HOTONEオリジナルアルゴリズムのエフェクト

 

入出力端子が豊富

ラインアウト用のXLRはもちろんですが、一番驚いたのがMIDI端子。

この価格帯でMIDI対応はなかなかです。

 

ですがこれ、「MIDI IN端子」しかないのです。

MIDI信号は受けれるけど、AMPEROをMIDIコントローラのようには使用できないってことなんでしょうね。

 

サウンドの解像度は高い

AMPEROを使ったサウンドDEMOをyoutubeで見つけました。

サウンドは全然安っぽくありません。

ギターの特徴がしっかり出ているということは、それだけ音の解像度が高いのでしょう。

ボリュームにもしっかり追従しています。

これは期待大!!

 

欠点はある?

個人的に気になるところはこの2点

  • ペダルが小さい
  • MIDIが「IN」しかない

ペダルが小さいと単純に踏みにくいんです。

GT-1やGE200を使っているときもペダルが踏みにくいと思っていました。

この大きさのエフェクターでは仕方ない事かもしれませんね。

 

MIDIはどうしてOUTをつけなかった!?

OUTがないとMIDI対応アンプの切り替えができない…よね?

 

さいごに

AMPEROはこの45000円という価格帯にしては音は良さそうだし、ディスプレイはタッチ機能搭載。

発売前なのでレビュー動画はまだありませんが、次世代化マルチエフェクターという雰囲気があって、AMPEROかなり良さそうですね。

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-HOTONE

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.