DTM・DAW

ギタリストに使ってもらいたいおすすめのプラグイン【DTMer必見】

ギタリストがDTMで曲を作るときに、ぜひとも使ってもらいたいプラグインがいくつかある。

この記事は、ギタリストにおすすめしたいプラグインを紹介する。

 

Line6 Helixと同じ機能!「HX Native」

HJX Native

Line6 Helixと同じサウンドが得られるプラグインが「HX Native」である。

これがあれば、Helixなどの実機をわざわざパソコンに繋がなくても、Helixのサウンドが出せるからとても楽。

 

「HX Native」は8GBのメモリを搭載したパソコンでも問題なく動作するほど、動作は軽い。

 

Helixユーザーは99.99$で購入可能

「Helix Native」は通常価格$399.99だが、Helix系ハードを持っていたら$99.99とかなりお得に買える。

ハードはLine6のサイトに製品登録しないと、割引が適応できないので注意が必要だ。

Helix系ハードとは

Helix系ハードは以下の機器を指す

Helix Floor,Helix Rack,Helix LT,HX Effects,HXStomp

 

HX Native購入画面

HX Native購入画面

 

 

個人的にはHX Stompを購入してからHX Nativeを購入することをおすすめしたい。

HelixのサウンドがスタジオでもDTM上でも使えるからめちゃくちゃ便利!

 

iZotope Ozone8

Ozone8 Std

ギタリストはギターを弾いてなんぼ!

マスタリングなどに時間をかけていてはもったいない!

 

そんなときにおすすめなのが「iZotope Ozone8」

iZotope Ozone8」は全自動でマスタリングを行ってくれる時短系プラグインである。

ozone8

ここで勘違いしてもらいたくないのは、全自動でマスタリングしてくれるからと言って、プロのような仕上がりになるかというと、そうではない。

プロのような仕上がりを期待するなら、それはプロに任せるしかない。

 

だけど「iZotope Ozone8」は、かなりハイクオリティなレベルにまで自動で仕上げてくれるので、めちゃくちゃありがたいプラグインだということは間違いない。

 

Ozone8はElements、Standard、Advancedのどれがおすすめ?

Ozone8には3種類あり、Elements、Standard、Advancedと値段が高くなる。

お金に余裕があればAdvancedを購入してもらいたい。

 

どうしてもAdvancedは手が出ないという方は、自動マスタリングが可能のElementsから入っても全然問題ないだろう。

Elementsが物足りなくなれば、Advancedにアップグレード。という風にステップアップすると良い。

 

Wavesのプラグイン

Wavesのプラグインは、アコースティックギターなどの生音を録るときのノイズ除去などがかなり使える。

Wavesに関しては別の記事にしているので、そちらを参考にしてもらいたい。

関連記事
Waves
ギター録音におすすめのWavesプラグイン【DTMerギタリスト必見】

続きを見る

 

さいごに

この記事で紹介したプラグインがあれば、ほとんど何もいらないかもしれない!

それぐらい強力なプラグインである。

すべて導入してもそこまで高価にならないはず!

関連する記事

-DTM・DAW
-, ,

Copyright© ギタラボ , 2019 All Rights Reserved.