お役立ち情報 エフェクター ギターアンプ

インパルスレスポンスは簡単に作れる!【ギターキャビネット用IRの作成方法】

投稿日:

インパルスレスポンス(IR)って意外と簡単に作成できるんです。

今回はギターキャビネットを想定して解説。

この記事をみて「簡単だけどそんなに手間がかかっているんだー」ということが分かってもらえたらいいなと思います(笑)

 

IR作成に必要なもの

インパルスレスポンスを作成するのに必要な機材はこんな感じ。

 

必要なもの

  • DAWが使えるスペックのパソコン
  • DAW
  • オーディオインターフェース
  • キャビネット
  • マイク
  • パワーアンプ

 

ここで重要なのがマイクとキャビネット、パワーアンプ。

有料販売されているIRはこれらに相当こだわっています。

 

DAWのおすすめは「FL Studio」

FL Studioはダンスミュージック専用(というと語弊がありますが)のDAWです。

これの良いところは、デモ版でなんでも出来てしまうんです。

唯一できないことは、保存したデータを読み込めないという点のみ。

WAVの書き出しや録音など、ほとんどの機能が使えるという優れものなんです。

 

今回は「FL Studio」に付属している「Fruity Convolver」を使います。

 

https://hookup.co.jp/products/image-line-software/fl-studio

 

IRの作成手順

Fruity Convolverで擬似的に信号(パルス)を出します。

その信号をギターアンプに出力。

出力された音をマイクで集音し、Fruity Convolverで録音する。といった流れ。

出来上がったファイルはWAVデータですから、そのままIR対応のエフェクターに使用可能です。

 

 

FL StudioでIRを作成

 

FL Studioは全て英語の表記で、少しとっつきにくいところがあります。

FL Studioの設定

まずはFL Studioのオーディオ設定をしましょう。

オーディオはご自身が使用するオーディオインターフェースを選択してください。

バッファサイズはIRを作る上ではあまり関係ないです。初期設定で構いません。


 

 

ミキサー画面で「Fruity Convolver」を挿入

Insert1を信号の出力(ギターアンプ側)、Insert2を録音(マイク側)するように設定します。

 

画像赤枠のアイコンをクリックし、ミキサー画面を開きます。


 

Insert1を選択後、Fruity Convolverを挿入し、アウトをギターアンプに繋がるよう設定を行う。

 

 

 

Insert2は、インをマイクに繋がるよう設定してください。

 

IRを録音する

Insert1側の録音ボタンを押したあと、Insert2側のパルス出力ボタンを押す。

パルス出力ボタンを押すことで、スピーカーから音が鳴ります。

パルスは1秒程度のもので、音が鳴り止んだら録音は自動的に終了します。

これでInsert2にIRが録音されました。

 

 

IRデータをエクスポートする

録音したIRデータは簡単にエクスポートできます。

 

エクスポートしたWAVデータは、IRとして使用できます。

エフェクターなどに取り込んで使ってみましょう。

 

 

Logic ProでもIRは作成できる

すでにLogic Proを持っている!という方は多いはず。

 

Logic ProでもIRは作れます。

IRを作るには、Logic Proに付属されている「Impulse Response Utility」というソフトを使用します。

 

詳しい作り方はYoutubeにありますので、そちらを参考にしてみてください。

 

実際にLogic Proでもやってみましたが、出来上がるファイル形式がWAVじゃないので要注意。

WAVに変換だとかがめんどくさくて、僕は途中でやめちゃいました。

動画では、書き出したファイルをフリーソフト「audacity」を使ってWAVに変換していますね。

 

「Impulse Response Utility」の起動方法

Logic Proから「Impulse Response Utility」の起動方法が分かりにくいのでそれだけ解説します。

 

Impulse Response Utility起動方法

  1. オーディオFXから「Space Designer」を起動
  2. Space Designer画面の「IR Sample」をクリック
  3. 「Open IR Utility」をクリック

 

 

さいごに

市販のIRはビンテージのキャビネットに、多種多様なマイクを準備。さらにいろいろな角度でマイクをセッティングして録音・・・この繰り返しで大量のデータを作り上げます。

 

録音するには静かな場所である必要はあるし、パワーアンプからのノイズは最小限にしたいなど、プロフェッショナルな環境でないとIRは作れません。

良質なIRを作るには、これだけの手間と労力、お金がかかるということが分かりますね。

IRは買うことをおすすめします(笑)

関連する記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-お役立ち情報, エフェクター, ギターアンプ

Copyright© ゆとりギター , 2019 All Rights Reserved.